探偵の浮気調査がバレる原因は依頼者!?調査前にしておく心構えとバレない探偵社の見極め方

6 min 41 views
探偵 浮気調査 バレる

探偵社に依頼して浮気調査をしてもらいたいけど、相手にバレないか不安…。
優秀な探偵ってどうやって見つければいいの?

探偵に浮気調査を依頼するか悩んでいるそこのあなた、こんな不安を持っていませんか?

浮気調査は、1度でも相手にバレると、証拠を掴める確率は大きく下がってしまいます

だからこそ、高いお金を払う探偵の依頼調査は絶対に失敗したくないですよね。

探偵 浮気調査 バレる

でも安心してください。探偵の浮気調査が相手にバレる確率はたった3%程度なんです!プロの仕事ですから、そうそう失敗することはありません。

しかし、あなたの無意識の行動で、この数値を大幅に上げてしまう可能性があります

確実に調査を成功させて証拠を得るためにも、この記事を読んでしっかりと対策しておきましょう!

もしバレたらどうなるの?浮気調査発覚で探偵がとる対応と最悪な結果

万が一、探偵の浮気調査が相手にバレてしまうと、非常に厳しい状況に追い込まれてしまいます。

まずは、探偵の浮気調査がバレてしまったときに起こる最悪な事態について知っておきましょう!

調査中、相手にバレたら即中断!続行不可能の危険性も…

探偵 浮気調査 バレる

もし尾行や張込み中、相手が探偵に気づいたら、探偵は即座に調査を中断します。これは訴えられる可能性があるからです。

探偵は探偵業法という法律によってその活動を認められていますが、当然制限も課されていますし、他の法律を破る行為もできません。

例えば、尾行中に気づかれ、相手に不快感を与えているのに尾行を続行すれば、探偵業法第6条「人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害することがないようにしなければならない。」に違反します。

場合によっては職を失う危険もありますから、もし浮気調査がバレてしまえば、当然調査は続行できません。

探偵が違反する恐れがある法律を一部ご紹介!

探偵 浮気調査 バレる
  • 刑法130条「住居侵入罪」調査中、他人の敷地に侵入する
  • 刑法133条「信書開封材」勝手にポストなどを覗き封を開ける
  • 刑法230条「名誉棄損罪」守秘義務を果たさない
  • 刑法233条「信用棄損罪」誤った情報を流す
  • 刑法271条「器物損壊罪」盗聴器を相手の車に無断で設置     など

その他にも、上記のようなことをすれば、探偵の浮気調査が違法行為になることもあります。

だからこそ、通常の探偵社であれば、このような違反調査は行いません。しかし、万が一悪徳探偵事務所にあなたが依頼した場合、こういった調査が行われる可能性があります。

違反調査は犯罪行為であり、証拠は裁判には使えないばかりか、依頼者も犯罪者の共犯扱いとなります。

だからこそ、口コミでの評判がいい探偵事務所に浮気調査を依頼するようにしましょう。

悪徳探偵事務所にありがちな、契約の段階で脅迫を受ることや、膨大な金銭の要求などのリスクも、評判がいい探偵事務所であれば避けられますから

浮気調査失敗が引き起こす最悪の結末とは!?

探偵 浮気調査 バレる

浮気調査が失敗した場合、最終的に依頼者に待ち受けているのはいったいどのような状況でしょうか。

まず、証拠を得ることは困難になります。離婚自体は成立するかもしれませんが、違反調査をしていた場合は依頼者側が慰謝料を請求されたり、訴えられたケースもあります。

そして、大体の場合、調査費用は返ってきません10万円〜100万円が料金相場の探偵の依頼調査ですし、もしもう一度依頼をすることになれば、さらに費用は嵩みます。

探偵 浮気調査 バレる

また、相手側の家族に情報が洩れれば、親族関係も悪くなる可能性があります。まさに最悪という他ない事態でしょう。絶対にバレるわけにはいきませんね。

しかし、重ねてお伝えしますが、基本的には、探偵側のミスで浮気調査がバレることはありません!依頼者自身が気を付けてさえいれば、こんな心配は無用なのです!

そもそも探偵の浮気・不倫調査って何をするの?

探偵 浮気調査 バレる

あなたは探偵がどのような浮気調査を行うかご存じでしょうか?

浮気調査が相手にバレないよう対策するにしても、まずは探偵の主な調査方法を確認していきましょう!

探偵が行う4つの浮気調査方法とは?

前提として、探偵の浮気調査は闇雲に行われているわけではありません。

探偵は、探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)で認められた調査を行っています。

具体的には以下の4点です。

  1. 聞き込み
  2. 尾行
  3. 張込み
  4. その他これらに類する方法→データ調査など

尾行や張込みなどは刑事ドラマなどでも目にする光景ですが、探偵も同様にこれらの調査を行えます。

刑法に示されているような、他人の私有地に入っての調査などは当然禁止されていますが、探偵は一般人よりははるかに多くの情報を得ることができるのです。

一般の方の個人的な調査は違法になることも多いので、浮気調査を行う際は探偵に依頼する方が安全ですね!

探偵の浮気調査が相手にバレるタイミングはたった2つ!

探偵 浮気調査 バレる

では、そんな探偵の浮気調査が相手にバレてしまうタイミングっていつなんでしょうか。

バレるタイミングは、探偵への依頼前と、調査の報告を受けた時の2つだけなんです!

え、尾行とか張込みの時じゃないの?と思った方。確かにそれらの調査中、相手に気づかれる確率は0ではありません。

ただ、最初にお伝えしたように、探偵の調査はプロの仕事ですからよっぽどのことがなければまずバレません

それよりも、調査が発覚するほとんどの原因は、依頼者であるあなたや、第三者にあります

続いて、依頼者であるあなたが原因で、探偵の浮気調査がバレてしまうのはどのようなケースか、確認していきましょう!

探偵が浮気調査に失敗する5つの原因!相手にバレる理由は依頼者!?

早速、よくある発覚事例、またレアケースも含めて浮気調査がバレる5つの原因をご紹介します!

①探偵事務所の名刺や検索履歴を相手に見られてバレる。

探偵 浮気調査 バレる

まずは、意外と多い探偵への依頼前にバレてしまう原因をお伝えします!

突然ですが、あなたは今どんな機器を利用してこの記事を読んでいますか?

スマートフォンでしょうか、それともパソコン?ところで…その検索履歴、調査対象者に見られていませんか?

あなたがパートナーの浮気を疑った時、まず何をするか考えてみてください。相手の携帯電話や服、予定表を確認しませんでしたか?

それは相手も同じです。浮気をしている人は、常にあなたを警戒し、あなたが浮気に気づいているかをチェックしています。

探偵 浮気調査 バレる

検索履歴まではいかなくても、探偵社の名刺や、依頼料の引き落としをきっかけにバレてしまうケースが実は少なくありません。

探偵への依頼だと完全にバレなかったとしても、警戒されればそれだけで失敗する確率はあがりますから、調査中にバレる危険性も上がってしまいますね。

②依頼者がタイムリーに話過ぎてバレる。

探偵 浮気調査 バレる

同様に、あなたの動向からバレるケースとして、相手をタイムリーに問い詰めすぎるということがあります。

実はこれ、探偵の浮気調査が始まってからバレる原因の大部分を占める要素です。

探偵の浮気調査は多くが数日、長いときは1か月以上かけて行われます。その間、あなたは何度も尾行や張込みの報告を受けるでしょう。

決定的な証拠はまだなくても、あなたは夫(妻)の行動を把握できるようになります

探偵 浮気調査 バレる

そのため、調査報告を受けた日はあなたが知らないはずのことを相手に問い詰めてしまったり、普段と違う行動をとってしまうのです。

結果として、相手に浮気調査を感づかせてしまう。それがこのパターンです。

③依頼者が調査に参加してバレる。

探偵 浮気調査 バレる

さて、ここからは少し特殊な場合になります。1つ目は依頼者が調査に介入した場合です。

依頼者自身が探偵でもない限り、素人がプロの仕事に手を出すことになりますから、当然調査の質は下がりますよね。

そもそも、探偵があなたに協力を依頼することは、打ち合わせ以外ではまずありません。

しかし、調査が進むにつれ、じれったく思った依頼者が相手の会社に電話をかけてしまったり、相手の携帯を見てしまうことがあります。

自ら探偵に浮気調査を依頼したとバラしてしまう人もいるんです。特殊な例ではありますが、案外少なくないんですよ。

④探偵が尾行・張込み中、警察に通報されてバレる。

探偵 浮気調査 バレる

次は、警察に通報されるケースです。女性が調査対象の場合は、本人の警戒がかなり高いので、警察に通報されることがあります。

つまり、浮気調査だとは気づかれなくても、不審者と思われて通報されることがあるのです。

この場合、探偵は素直に警察に捕まり正当業務であることを説明し、調査を公にしないよう協力を依頼します。

警察側も探偵には守秘義務があることを理解しているので問題はありません

しかし万が一探偵が逃走し、罪に問われれば、調査行為を公表する必要が出てきます。その場合、当然相手にバレることになります。

とはいえ探偵もそのことは理解しているので、通報される前に撤退するか、警察にきちんと事情を説明しますから、これもまた特殊なケースといえるでしょう。

⑤悪徳探偵事務所や、調査が下手な探偵に依頼してバレる。

探偵 浮気調査 バレる

これまで、探偵自身が原因で調査がバレることは殆どないとお伝えしました。実際、これまでご紹介したものも、依頼者か第三者によってバレるケースでした。

ただ、探偵が原因でバレてしまうケースが1つだけ存在します。

それは、調査依頼を出したのが悪徳探偵事務所だったり、信頼性の薄い探偵事務所だった場合です。

この場合は、浮気調査がバレることもあるでしょうし、あなた自身が金銭や暴力など、被害を被る恐れすらあります。

あなた自身を守るために、依頼する探偵事務所は、必ず口コミでの評判がいい探偵事務所を選ぶようにしましょう!

探偵の浮気調査でバレないために注意すること!

探偵の浮気調査がバレないためには、依頼者側の心構えと、優良な探偵事務所を見極めることが重要です!

それぞれ確認していきましょう!

浮気調査を始める前にしておくべき心構え

探偵 浮気調査 バレる

依頼者であるあなたの心構えとして、具体的にどのような対策が必要か、リスト形式でご紹介します。

  • 浮気調査について調べるときはシークレットモードなど、履歴が残らないようにする!
  • 通話を聞かれたり、発信履歴を見られないよう工夫する!
  • 名刺やスケジュール帳など、身の回りに気を付ける!
  • 探偵社が信頼できるかどうかを見極める!
  • どれだけ気になっても調査結果をにおわせない!
  • 自分自身は調査に介入せずに堪える!決して現場に行ってはいけない!
  • 決定的な証拠を掴むまでは、自身が不利になる振る舞いはしない!

まずはこれらをしっかり守って、安全に、そして確実に証拠を掴みましょう。

有能な探偵社の見極め方!チェックするべきポイント

探偵 浮気調査 バレる

最後は、優良探偵社の見極め方を2点、ご紹介しようと思います。

まずわかりやすい部分で、探偵業の届け出を出しているかどうか確認しましょう

探偵業法により、探偵業務を行う会社は必ず届け出を提出し、その受理を証明する届出証を事務所のわかりやすい場所に掲示する義務があります。

また、調査料金が明確でない場合や口コミでの評判が良くない場合は要注意です。法外な金銭を要求される恐れがあります!

これらの特徴をしっかり確認して、依頼するようにしましょう。

【まとめ】浮気調査がバレるのは、依頼者自身に原因のある場合が多い!

探偵 浮気調査 バレる

当記事では、探偵の浮気調査がバレる可能性はあるのかや、その原因をご紹介しました。

結論としては、探偵が原因で調査が発覚する可能性は低く、多くは依頼者側が原因でした!

そして、依頼者自身の心構えと優良探偵事務所を見抜くことが重要でしたね。

今回ご紹介したことをしっかり守って、あなたが納得のいく証拠をつかめるように、行動していきましょう!

関連記事