HOME > ご相談内容 > 人探し・行方調査

ご相談内容

人探し・行方調査

行方調査ご依頼の流れ

ご相談からアフターフォローまで

人探し・行方調査の依頼は、下記の流れに沿って進んで行きます。
調査中のご依頼者からの希望・要望は、迅速に対応しておりますので必要に応じてお申し付け下さい。

ご相談・お見積り
まずはお気軽にご相談ください。人探し・行方調査の専門員がお客様の状況と依頼目的にあわせて、調査方法と、調査に掛かる費用のお見積りを無料で差し上げます。

ご契約
調査費用と調査方法を、十分ご説明した上でご契約となります。調査費用の内訳、お支払い方法などご不明な点がございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

調査開始
お預かりした情報・資料を基に、直ぐ調査を着手いたします。
独自の調査ネットワークを駆使し、経験豊富な調査員が早期発見を目指します。

途中経過の報告
調査開始後、担当者から随時途中経過の報告がございます。またお客様と連携して調査を行うケースもございますので、調査の進行具合がわかります。

調査終了(結果報告)
探したい人物を発見した段階で、直ぐにご報告いたします。
撮影した写真やビデオで本人に間違いないかご確認していただきます。

報告書の提出
報告書には、指定の人物を発見するまでの経緯や発見につながった情報などを具体的に記載します。その他、本人の顔写真や付随情報も添付されます。

アフターフォロー
失踪者・家出人を発見した後は、再発防止策のアドバイスをいたします。
債務者の失踪の場合は無料で有資格者をご紹介することも可能です。初恋の人・あの人に逢いたいなどの調査の場合は、再会までのアポイントを含め段取りいたします。

調査に必要な情報

人探し・行方調査の依頼をするときには、探す相手に関する情報を多く集める事で、早期発見につながります。わずかな手がかりでもお伝え下さい。

探す相手の基本的な情報
基本的な情報とは、氏名、年齢、身長、体重などです。自己紹介で公表するレベルの情報で構いません。家族以外の人物を探す場合、基本的な情報がわからないという場合もありますが、わかる範囲でご用意下さい。

携帯電話・メール内容・PC情報
携帯電話は、調査を行う上で重要な情報源になります。
発信・着信履歴、電話帳、通話明細などの情報がある場合は、必ずお持ち下さい。
またパソコンなどに残された検索履歴や情報も重要な手がかりになります。

銀行口座・クレジットカード・債務情報
失踪者の銀行口座や、クレジットカードの利用明細や債権者からの請求書をお持ち下さい。重要な手がかりが隠されている可能性があります。

運転免許証の情報
失踪者の運転免許証のコピーがある場合や、本籍地がわかる場合は、情報をお持ち下さい。

勤務先情報
失踪者が、仕事やアルバイトをしている場合は勤務先情報をお伝え下さい。
また、過去の勤務先やアルバイト先の情報でも価値があります。

探す相手の写真
探す相手の写真がある場合は、全部お持ち下さい。

持ち出した私物や所持金・移動手段
失踪者が自宅から持ち出したと思われる私物や、所持金などわかる範囲でお伝え下さい。また、失踪時の服装や移動手段、車両のナンバーなどは重要な手がかりになります。

手帳・メモ類・書置き
失踪者が書置きを残していった場合は、その内容を正確にお伝え下さい。
また失踪者の部屋などから残された手帳・メモ類・領収書があればお持ち下さい。

交友関係・恋人などの異性情報
失踪者と付き合いのある友人や知人に関する情報、異性との交際があった場合は現在、過去問わず情報をお持ち下さい。重要な手がかりになる可能性は高いものです。

趣味・立ち寄り場所
失踪者の趣味や習い事の情報や、失踪者がよく立ち寄る場所やお店の情報もお伝え下さい。


あの人に逢いたい

初恋の人・恩師・旧友・あの人に逢いたい

以下のケースは情報が少なく時間がかかりましたが、無事に本人の所在が判明し、依頼目的を達成する事ができました。初恋の人を探すのが恥ずかしいという方もいらっしゃいますが、誰にも知られずに探し出す事が出来ますので、安心してご相談ください。

実際にお客様から寄せられたご相談

初恋の人探し事例 東京都 I様(30代女性)
先日、中学時代の同窓会があり、十数年ぶりに旧友と再会しました。そこで、当時あこがれていた先輩の話になりました。急に先輩に会いたい気持ちが強くなりましたが、先輩の行方を知る人は誰もいませんでした。先輩は中学を卒業後に引っ越してしまい、どこに引っ越したのかは誰もわからないそうです。このような状況でも見つけることは可能でしょうか?

調査の結果

当時の記憶と、卒業アルバムを基に、初恋の人(本人)が当時住んでいた自宅付近や、本人の当時の友人から聞き込み調査を行いました。
本人は高校に進学後、父親の転勤に伴い家族で引越しをしたことが判明しました。また、聞き込み調査で引越し先も判明したため、現地で調査を進めていくうちに、本人の両親の所在が判明しました。本人の母親にコンタクトを取ると、快く対応していただき、いろいろなお話を聞くことが出来ました。母親の話によると、本人は高校を卒業後、単身で海外に留学に行き、2年前に帰国したことがわかりました。
依頼人に判明した結果を伝え、依頼人から預かった手紙を母親に渡し、調査は終了となりました。

提案する解決法

初恋の人や恩師・旧友に、再会してみたいと思うことは誰でも一度ぐらいはあるはずです。
再会したい相手と連絡が取れる状態であれば問題ないのですが、引越しや卒業をしていくうちに、相手の情報がなくなることがあります。時が経つにつれ記憶が薄れてしまい名前などもはっきりと覚えていないという人も多いでしょう。また、再会したい相手探しを専門家に委ねるケースも少なくはありません。
探偵や興信所が初恋の人や恩師を探してくれるということを知らないという方もいますが、テレビの人探し、再会番組は探偵や興信所に依頼して発見するケースも多くあるのです。
初恋の人や恩師は、失踪者や家出人のように身を隠し逃げ回るというようなことがありませんので、記憶の中のわずかな情報や、卒業アルバムからも容易に発見する事が出来ます。


お金を貸した相手の失踪

逃げた相手には早期対応が大切

以下にご紹介するケースは、債務者が愛人と駆け落ちした事例です。分別ある大人でも、お金と異性が絡むと、時として思わぬ行動を起こすことがあります。
債務者が失踪したら早い段階での相談をお勧めします。

お客様から寄せられたご相談

取引先の社長の失踪事例 [依頼時の状況]
20年間付き合いがある取引先の社長が、4,000万円の債務を残したまま突然に失踪しました。苦楽を共にした仲で、家族ぐるみで付き合いをしていました。
失踪した社長の会社は、業績も好調で失踪した原因は不明です。裏切られた気持ちと、失踪した社長の家族の生活、なにより4,000万円の債権が回収できないと、私の会社も資金繰りに困ります。
心配する家族や従業員、そして4,000万円の債権回収のためにも、1日でも早く捜し出してください。

調査の結果

失踪時の状況は、債務者(本人)が出張に行くと言い残しそのまま失踪。
失踪時の本人の所持金は10万円。携帯電話は解約され、本人名義の銀行口座からは多額の預金が引き出されていました。預金を引き出したATMを割り出すと、地方都市の繁華街のATMであることが判明。引き出しがあった場所を中心に聞き込みを行い、本人の情報を得る事ができました。
本人には20代のホステスの愛人がいて、最近になり愛人が自分の店を出した事が判明する。その店に客を装って潜入調査をすること1週間、ようやく本人が店に顔を出しました。店を出た本人を追跡すると、マンションの一室へ。しばらくすると愛人も同じマンションに入っていく。
そこで依頼人に連絡して、マンション前で本人と接触することに成功。すぐさま依頼人は本人と債権について話し合い、返済の約束を取り付け、調査終了となりました。


急増する債務者の失踪

お金を貸した相手(債務者)の失踪は、ご相談件数が増加しています。
近年、自己破産者も増え、お金を借りたら返すという、一般常識が欠如している方が多いようです。
友人同士での貸し借りは、友人関係までも壊してしまう非常に後味が悪いものになります。債務者も返済できない理由があり失踪しますが、貸した側(債権者)にとっても大事なお金です。
当センターではこれまでに数々の債権がらみの失踪調査を手がけてまいりました。独自の調査方法で、債務者の所在や、取り込み詐欺、手形詐欺オークション詐欺などの案件を解決してまいりました。失踪者を早期に発見することは、債権を回収する上で大事な事です。返済に困った債務者が自殺や犯罪などを起こさないためにも、早い段階での対応が必要になります。


未成年者の失踪

異性関係による家出

以下にご紹介する事例は、異性関係による典型的な家出のケースです。
本人の話では彼女との半同棲生活が楽しくて家に帰りたくなかったようです。調査の結果、ご両親と本人と話し合い無事に説得することができました。

実際にお客様から寄せられたご相談

男子高校生の失踪事例 [依頼時の状況]
高校2年生の息子が夏休みのはじめに突然、家からいなくなりました。
失踪直後は携帯電話もつながり、本人は「友人とキャンプに行く」と電話で話していました。しかし友人とのキャンプは嘘で、心配した妻が早く家に帰るようにと息子を説得しましたが、息子は「しばらく帰れない」と言い携帯もつながらない状態になりました。
息子の友人に協力してもらい、立ち寄りそうな場所は全て探しましたが、まったく手掛かりはありません。警察に捜索願を提出しましたが、動いてくれる気配はありません。息子が失踪した原因もわからず、家族も心配しています。

調査の結果

まず息子さん(本人)の情報を詳しく教えていただきました。
手始めに本人の友人関係を全て洗い直しましたが、有力な手掛かりは無く、友人が嘘をついている様子もありません。調査を継続していくと、本人のアルバイト先(ガソリンスタンド)で、本人は最近になり彼女が出来たという情報を得ることが出来ました。本人の彼女はアルバイト先の常連客(20代 フリーター)で週に2回ほど給油に来ることが確認されました。
調査員はアルバイト先での張り込みを行い、本人の彼女が現れたところを尾行し、彼女の自宅アパートを突き止めることに成功しました。彼女のアパートには、本人のミニバイクが停まっており、周囲で張り込むと、アパートから出てくる本人の姿を確認できました。直ぐに結果を報告して、調査は終了となりました。


異性関係・借金問題による失踪

子供・未成年者の失踪が一番多い時期は、夏休みなどの長期休暇中といわれています。
ちょっとした出来心からくる「プチ家出」をはじめ、友達同士での家出、恋人同士での失踪などが代表的なケースです。
未成年者の失踪は本人に自覚がない場合もあり、自分が家出、失踪している感覚を持たずに流れのまま生活をしているということがあります。特に家族との関係がうまくいっていない場合などに多く見られます。
失踪者本人は家に帰らなくても親は心配しないと思い込み、家族への連絡もしなくなるケースが多いのです。未成年者の失踪は事件や事故に巻き込まれる可能性が高いので、失踪を確認した場合は早い段階での調査・捜索が必要になります。


ペット調査について

大切な家族の一員がいなくなってしまった

ペットは大切な家族の一員です。あなたの大切な家族を、本格的な調査によって発見・保護します。いなくなってしまった犬や猫も、大変寂しい思いをしている筈です。

また、迷子になってしまったために家に帰ることが出来ず、処分されてしまったペット達が全国で年間約70万匹以上いるという悲しい現実もあります。私ども当社としては、皆様のペットを一刻も早く危機的状況から救い出す為にも、飼い主様と同じ思いでお力になれればと思います。

調査方法

弊社のペット捜索における代表的な捜索方法です。

  • チラシ・ポスターによる情報収集
  • インターネットによる情報収集
  • スタッフによる現地調査
ペット調査に関するよくある質問

Q:地域は何処でも捜索は可能でしょうか。
A:大丈夫です。全国で捜索調査対応しています。

Q:失踪してから1週間経過してますが見つかりますか?
A:失踪した状況・地域環境をよくお伺いしないと分かりませんので状況を詳しくお聞かせ下さい。

Q:見つかる確立はどれ位ですか?
A:失踪してから経過日数に比例して判明率が下がっていきます。3日以内でしたら90%以上です(不慮の事故による死亡発見も含む)


メールでのお問い合わせ:秘密厳守。安心してご相談ください!

このページのトップへ