HOME > ご相談内容 > 裁判

ご相談内容

裁判

民事裁判について

民事裁判で必要な証拠資料を集めたい。

調停や裁判といった紛争の場で、自らの立場を最も有利に運ばせる為に必要なのが「証拠」です。この証拠がなければ裁判に勝つ事が難しい場合も数多くあります。
しかし、民事においては、この証拠を自らの手で収集しなくてはならず、それは想像以上に大変な事なのです。苦労して証拠を収集してみても、プロのように的を得た証拠がそろえられるかわかりません。ですから、確実な証拠を用意する為には、やはりプロにお願いしたほうが良いと思われます。

証拠の種類としては、写真やビデオ、音声、観察記録、証拠品そして第三者の証言などがあります。このように確かな証拠を得る事で、仮に相手が嘘を申告したとしても、相手ではなく自身の正当性が認められるのです。
このように証拠を集めたり、証人や情報提供者の捜索など裁判において、重要な証拠となるものを収集する調査を、証拠収集調査といいます。

弊社では主に下記の証拠を収集し
裁判資料の作成をお手伝い致します。
  • 行動調査での写真・ビデオ撮影による証拠収集
  • 浮気の立証の為の証拠収集
  • データ調査による証拠収集
  • 聞き込みによる証拠収集
  • 筆跡/指紋/声紋鑑定

弁護士との顧問契約を結んでおりますので、法律の専門家のアドバイスを基に、経験豊富な調査員があなたに代わり確実に証拠収集致します。
裁判の際「プロの力を借りたい。」と感じたら、弊社にご相談ください。

~当社の特徴~
  • アルバイトの探偵は一切雇用しておりません。
  • 顧問弁護士が在籍
  • 海外調査も可能
  • 報告書は裁判資料にも使えます。
  • 無料相談

※詳しくは相談員までご相談ください。

民事裁判で必要な証拠資料を集めたい

調停や裁判といった紛争の場で、自らの立場を最も有利に運ばせる為に必要なのが「証拠」です。この証拠がなければ裁判に勝つ事が難しい場合も数多くあります。
しかし、民事においては、この証拠を自らの手で収集しなくてはならず、それは想像以上に大変な事なのです。
苦労して証拠を収集してみても、プロのように的を得た証拠がそろえられるかわかりません。ですから、確実な証拠を用意する為には、やはりプロにお願いしたほうが良いと思われます。
証拠の種類としては、写真やビデオ、音声、観察記録、証拠品そして第三者の証言などがあります。このように確かな証拠を得る事で、仮に相手が嘘を申告したとしても、相手ではなく自身の正当性が認められるのです。
このように証拠を集めたり、証人や情報提供者の捜索など裁判において、重要な証拠となるものを収集する調査を、証拠収集調査といいます。
この証拠収集調査では、弁護士との連携をはかるケースも多く見られるようです。


刑事裁判について

刑事裁判とは刑事事件に関する裁判です。
犯罪(=構成要件に該当し違法・有責な行為)を犯したとされて、警察に逮捕され、検察庁に送検され、起訴された者(=被告人)について、裁判官が有罪・無罪やその量刑について判断する裁判です。
つまり、刑事裁判は、刑事訴訟法に基づき、国が、国民に刑罰(死刑、懲役、禁固、罰金、科料、没収、追徴金)を課すことが許されるかどうかを判断するための手続きとしての裁判です。

刑事裁判において証拠が必要となった場合、当社ではご依頼者様のご要望を元に、裁判でご依頼者様を有利に導く有効な証拠を収集致します。

民事裁判で必要な証拠資料を集めたい

調停や裁判といった紛争の場で、自らの立場を最も有利に運ばせる為に必要なのが「証拠」です。この証拠がなければ裁判に勝つ事が難しい場合も数多くあります。
しかし、民事においては、この証拠を自らの手で収集しなくてはならず、それは想像以上に大変な事なのです。

苦労して証拠を収集してみても、プロのように的を得た証拠がそろえられるかわかりません。
ですから、確実な証拠を用意する為には、やはりプロにお願いしたほうが良いと思われます。
証拠の種類としては、写真やビデオ、音声、観察記録、証拠品そして第三者の証言などがあります。
このように確かな証拠を得る事で、仮に相手が嘘を申告したとしても、相手ではなく自身の正当性が認められるのです。
このように証拠を集めたり、証人や情報提供者の捜索など裁判において、重要な証拠となるものを収集する調査を、証拠収集調査といいます。
この証拠収集調査では、弁護士との連携をはかるケースも多く見られるようです。


裁判資料について

裁判・調停のための証拠や資料を収集する調査です。

調停のための調査
和解案等において、こちら側の最も有益な条件を提示出来るよう、調停前に然るべき情報・資料を収集する調査です。

裁判のための調査
民事事件の証拠は、本人が集めなくてはなりません。当社のベテラン調査員が弁護士に指示を受けた収集作業を本人に代わり確実に遂行します。

例えば、パートナーの浮気に悩まされた末、離婚を決意したとしても、相手が浮気を認めず、離婚にも同意しなかったとしたら話はこじれ、裁判に至るかもしれません。
しかし、そのときあなたの手元に、相手の不義を証明する証拠がなかったとしたらどうなるでしょう?
たとえ相手が嘘を並べ立てていたとしても、あなたはそれに一言も言い返すことができないのです。
ビジネス上においても、人間関係においてもトラブルはつきもの。しかし、証拠が無ければ、だれもあなたの言い分に耳を貸してはくれません。
裁判においては原告側に立証責任があり、民事裁判の場合、証拠は当事者自らが集めなくてはなりません。
また、裁判にまで至らなくても、話し合いや交渉事において相手の情報は重要なものです。
裁判や交渉をより有利に運ぶためには確実な証拠は必要不可欠なのです。
御依頼者様に必要な情報を収集するため、適切な調査プランをご提案いたします。

内偵のポイント

裁判を有利に進めるための探偵調査
裁判を有利に進めるためには、証拠となる資料が必要となります。
確かな情報や資料を収集すれば、それだけ裁判に勝てる確率が上がるでしょう。

しかし、自主的に資料を収集するのは簡単ではありません。
実際、離婚裁判を有利に進めるための証拠として、不貞を示すメールのやり取りが確認されても、それだけでは証拠として不十分になるのです。

そのような場合、探偵事務所に依頼して、裁判を有利にするための資料を収集してもらいましょう。
探偵による調査では、愛人とホテルに入るところを、カメラやビデオに収めると、確実に裁判で有利になります。

不貞を示すことは困難ですが、確かな情報や書類が揃っているならば、状況はかなり異なることは確かです。
また、借金におけるトラブルや不法行為なども、調査による書面を用意できれば、探偵事務所に依頼することで裁判に勝てる確率は上がるでしょう。

裁判における資料づくりでは、内偵調査によって資料を作成し、裁判を有利にします。
例えば、詐欺行為に関する資料では、素行調査をしながら有力な情報を集め、親権問題の場合では聞き込み調査をメインにして資料を作成していきます。

交通事故の場合は、現場調査、聞き込み調査などを行い、相続問題では科学鑑定や身上調査などによって資料を作成していきます。
そのほか、録音資料などを文書にすることで、裁判を有利にするなどの手法をとる場合もあります。

探偵事務所に依頼する場合は有料となりますが、裁判に有利になる資料を作成してくれるため、依頼するメリットは大きなものです。

裁判になったら

裁判になった場合、慰謝料の額はどんな要因で決まりますか。

簡単に言えば......
(1)離婚原因となった行為のひどさ、
(2)婚姻期間の長さ、この二つです。

離婚原因となった行為がひどければひどいほど、また婚姻期間が長ければ長いほど、高額の慰謝料が認められる可能性が高まります。
ただ当然、慰謝料をめぐって争っている場で、「たしかにひどいことをしました」とあっさり認める人はいません。
暴力でも不貞行為でも、有無を言わせないだけの証拠がない限り、相手は「そんなことはしていない」と言い張ってきます。
証拠がない言い分は、いくら真実でも裁判では認められないのです。
ですから、証拠は非常に重要です。
本来取れるはずの慰謝料が、証拠がないために取れなくなることもあり得ます。
また、裁判で確実に認められる証拠があれば、わざわざ裁判をするまでもなく、相手にこちらの言い分を認めさせることも可能になります。

不貞行為の証明は難しい

Q たとえば、どのようなものが証拠になりますか。
相手から暴力を受けたなら、怪我をしたときの診断書が証拠になります。
ですから配偶者からの暴力で怪我をしたときは、その日のうちに病院に行って診断書を取ることをお勧めします。
診断書がないことには、暴力を受けたことを裁判で証明する事が困難です。
相手から日常的に暴言を受けている場合は、暴言の録音が証拠になります。
録音されていない暴言も裁判では証明できませんから、しっかりと録音しておいてください。
難しいのは、不貞行為の証拠です。

Q なぜ不貞行為の証拠は難しいのですか。
まず基本的に隠れたところで行われるものですから、現場を押さえること自体が困難です。
また、たとえ浮気相手と二人でいるところの写真を撮っても、セックスがあったことの証明になるとは限りません。
「ただ二人でいただけで、セックスはしていない」と言い張られたらそれまでです。
一番の問題は、裁判官によって、「不貞行為があった」と認定する基準が異なることです。
抱擁程度に見える写真で、「不貞行為があった」と認定されることもあります。
かと思えば、もっとあからさまに二人で抱き合っている写真があっても、「不貞行為があった」と認定されないこともあります。
裁判官による不貞行為の認定基準の違いには、驚かされています。

Q なぜ「不貞行為があった」と認定する基準が裁判官によって違うのですか。
何をもって不貞行為の証明と見なすかは、その裁判官の個人的な倫理観や男女観に影響されるからです。
たとえば借金を返す返さないの問題なら、裁判官個人の倫理観が影響することはほとんどありません。
しかし「結婚している男女が、配偶者以外の異性と、ふつうどの程度のことまでやるものなのか」という感覚は、人それぞれです。
裁判官がある写真を見て「妻以外の女性と、ふつうここまではやらないだろう」と思えば「セックスもあった」と推測するかもしれません。「妻以外の女性とでも、ふつうこれぐらいはやるだろう」と思えば「セックスはなかった」と推測するかもしれません。
どのような事実を不貞と評価するかには一律の基準はないのです。

プロの探偵に頼むのが確実

Q 裁判では、どのようなものが不貞行為の証拠として認められにくいですか。
相手のメールを撮って持って来られる方は多いのですが、浮気相手と単に会う約束をするだけのメールや、単に仲良さそうな内容のメールだけですと、残念ながら不貞行為の証拠として認められないのです。
相手のクレジットカードの明細を証拠として持って来る方も多いです。
ホテルの宿泊費が二人分記録されていて、かつ相手も特定できるなら、不貞行為の証拠として認められる可能性もありますが、レストランでの飲食代が二人分記録されているだけでは、不貞行為の証明にはなりません。

Q どのような証拠であれば、不貞行為があったと確実に認められますか。
ホテルに二人で出入りする写真があれば、裁判官の男女観や倫理観に関係なく、「不貞行為があった」と認定される可能性は高いです。
しかしそのような写真を素人の方が撮るのは、かなり難しいです。
素人の方が自分で浮気現場の証拠写真を撮ろうとすることは、お勧めしません。
知り合いが尾行すれば、ほぼ間違いなく相手に気づかれます。一度でも気づかれれば、相手もその後は警戒しますから、不貞行為の証拠を押さえること自体が不可能になりかねません。この点で、探偵という調査の専門家とは能力に差があるといえるでしょう。

Q 素人が集めた証拠と、プロが押さえた証拠では、証拠能力に違いがありますか。
素人の方が自分で集めた証拠と、プロの探偵が押さえた証拠では、裁判になったときの証明力に歴然とした差があります。
プロの探偵が押さえた決定的証拠であれば、ほとんどの場合、裁判でも相手の不貞を認めさせることが出来ます。
やはり信頼できるプロの探偵は、適法な範囲で「裁判で証拠になる写真」が撮れる場所まできちんと相手を追尾して、確実に「裁判で証拠になる写真」を撮ってきますから。
「相手は間違いなく浮気しているが、裁判で確実に認められる証拠写真がない」という場合や、「相手が浮気しているような気がしてならないが、確信が持てない」という場合は、多少費用を掛けてでも、信頼できるプロに依頼して、証拠写真を押さえると有利な展開になっていきます。
そうしないと、慰謝料などはなかなか取れません。
相手が「やってない」と言い張れば、それ以上追及できなくなってしまいます。

Q 1回の不貞行為より、複数回の不貞行為の証拠があったほうがいいということはありますか。
どれぐらい継続性のある不貞行為だったかということは、慰謝料の額に影響します。
つまり、証拠を押さえた不貞行為の回数が多いほど、請求できる慰謝料の額が上がる傾向にあります。
あとは複数回の不貞行為の証拠があったほうが、より確実に「不貞行為があった」と裁判官に認定してもらいやすい面があります。


メールでのお問い合わせ:秘密厳守。安心してご相談ください!

このページのトップへ