HOME > ご相談内容 > DV対策

ご相談内容

DV対策

DV問題(ドメスティク・バイオレンス)

同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことをDV(ドメスティク・バイオレンス)と言います。
近年では、DVの定義は同居の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を言う場合もあります。近親者に暴力的な扱いを行う行為・または暴力によって支配する行為全般を、このように言いますが、ここでいう虐待には以下の種類があります。

1.身体的虐待

一方的な暴力行為。

2.精神的虐待

恫喝したり日常的に罵る・無視する・無能役立たずと蔑む・他人の前で欠点をあげつらう・友人と会わせない・終始行動を監視する・出て行けと脅す・別れるなら死ぬと狂言自殺する・子供や身内を殺すなどと脅す・ペットを虐待してみせる。
靴下、素足を近づけるなど。ストレスとなる行為を繰り返し行う。

3.性的虐待

性交の強要・避妊をしない・特別な行為を強要する・異常な嫉妬をする、など一方的な行為で、近親間強姦とも呼べる。
中絶賛成派は中絶をさせないこともこの中に含まれるとしている。

4.経済的暴力

仕事を制限する・生活費を入れない・家の金を持ち出す・無計画な借金を繰り返す・買い物の指図をする・クレジットカードの家族カードをはさみで切る、など。
 
5.社会的隔離

近親者を実家や友人から隔離したがる・電話や手紙の発信者及び内容を執拗に知りたがる・外出を妨害する、など。

問題解決のために

DV(ドメスティク・バイオレンス)での暴力は、家庭内で行われるために外部の人が気付きにくいという特性があり、ほとんどのケースで暴力は繰り返され、エスカレートするという傾向があります。また、親の暴力を見て育つ子供には、間違いなく悪影響を与えることになります。
被害の深刻化を防ぐためには、早期の対応が重要です。

当社でのDV対策としては、夫婦間・パートナー間でのDVによる暴力行為の証拠収集と、ご依頼者様の保護を行っています。
ご相談いただければ、ご依頼者のDV被害の状況に応じて、的確なアドバイスや解決方法をご提案できます。
不安もあるとは思いますが、どうか勇気を持って、一度当社にご相談ください。


今すぐ悩みから開放されたいと思ったら

当社では、あなたが問題を解決したい!今すぐこの悩みから開放されたい!と思ったとき、 社員一丸となり全力をあげ問題解決のためのサポートをします。担当相談員がメール・電話であなたからのご連絡を24時間、年中無休体制でお待ちしています。


メールでのお問い合わせ:秘密厳守。安心してご相談ください!

このページのトップへ